So-net無料ブログ作成

N09D-023、024 FINAL FANTASY Ⅵ STARS Vol.1、Vol.2 #8cmCD [CD紹介]

1994年4月2日に「FINAL FANTASY Ⅵ」が発売されました。発売日にはテレビで特集が組まれたりとなかなか話題になっていた記憶があります。
スーファミ最後のFFシリーズで、本作から、従来のFFシリーズのキーアイテムでもあった「クリスタル」が登場しなくなり、西洋的なファンタジー風の世界観から、スチームパンクや文明社会的なものに代わり、FFの歴史上大きな転換点ともなった作品となりました。
グラフィックのFFというのを決定づけるかのような精緻なグラフィックと、クセの強いキャラクターが織りなすドラマチックなストーリーはFFの中でも屈指なものではないかと思います。まぁレイチェルを想いながらも、ティナやセリスを口説くようなロックの浮気性はどうかとは思いますが…。
そのストーリーを盛り上げるBGM、特にストーリー最終盤のフィールドBGMである「仲間を求めて」の、物悲しくも強い決意が込められた曲は、ゲーム音楽の中でも最高峰の曲なのは疑いの余地はないと思います。
そんなFINAL FANTASY Ⅵですが、ゲームの発売に先駆けてシングルCDがリリースされていました。
内容は各キャラクターのテーマソングが収録されており、折り畳まれたジャケット裏面にはゲームや本編やキャラクターの紹介がされています。
表面はキャラクターデザインを担当した天野喜孝さんが描いたデフォルメした登場人物のイラストで、本編でもこのイラストは登場しないので貴重なものとなっております。
楽曲はゲーム本編でも流れ、後にサントラにも収録されますが、当時このCDを手にした人は、ゲームの発売前にこれを聴いてキャラクターのイメージを膨らませていたのでしょうか。
まだインターネットも一般的でなく、今よりずっと情報量もスピードも限られていた中で、このCDとゲームのリリースの2ヶ月あまりの待ち遠しさはどれだけのものだったのか、今となっては想像もできないような気がします。
FINAL FANTASY Ⅵ STARS Vol.1
N09D-023
FINAL FANTASY Ⅵ STARS Vol.2
N09D-024
いずれも1994/01/21発売

FINAL FANTASY Ⅵ STARS Vol.1
1.ティナのテーマ
2.エドガー、マッシュのテーマ
3.ストラゴスのテーマ
4.ガウのテーマ
5.カイエンのテーマ
FINAL FANTASY Ⅵ STARS Vol.2
1.ロックのテーマ
2.セリスのテーマ
3.シャドウのテーマ
4.リルムのテーマ
5.セッツァーのテーマ

いずれも作曲は植松伸夫


FFⅥALLSTARS.jpgFFⅥALLSTARS裏.jpg


ⅥまでのFFとスクウェア時代のゲームソフトの関連楽曲はNTT出版が発売元であり、CD関連はスクウェアのゲーム関連のものに限られており、規格品番がCD本来のものとは異なる点も面白いところかなと思います。

尚、Ⅶ以降はデジキューブや自前(スクエニ)からのリリースとなっています。
また、販売元のアメリカーナレコードの詳細は分からず…。恐らくスクウェアが楽曲をリリースする時の愛称なのではないかと踏んでます。


2019-04-05 10:43  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]