So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

KIDA-14 森口博子「機動戦士ガンダムF91」主題歌 [CD紹介]

ついさっき聞いていたラジオ「GLOOVELINE」で、今年あった芸能人のゴシップ記事の人気?投票をやっており、森口博子の記事が1位となりました。
その記念(お詫び)として森口博子の曲をかけようとしたところ、JWAVEにCDがない!とナビゲーターのピストン西沢が言い出し、リスナーにCD提供を呼びかけるという展開に。
結局放送終了直前にCDが一枚見つかったらしく、そのCDが今回紹介する「ETERNAL WIND」でした。
結局放送では最初の10秒程度しかかからず、歌い出しの「まるで~」まで流れたところで次の番組になってなってしまいましたが、これがGLOOVELINEらしいといえばらしいところです。

この曲は1991年に公開された映画「機動戦士ガンダムGUNDAM F91」の主題歌で、この曲で森口博子が紅白歌合戦に初めて出場することになり、名実ともに代表曲となりました。
この曲のヒットを振り返って当人は、アイドル歌手として「水の星へ愛をこめて」デビュー後、鳴かず飛ばずで事務所をクビ寸前になり、なんとか芸能界にいたいと直訴しアイドル歌手からバラドルへの転向を図り数年後、この曲に巡り会えたと、2015年のキンスパライブで語っていました。
この曲のイントロが流れた瞬間に客席のサイリウム(キンブレ)が真っ青になり、青い星が煌めく宇宙空間みたいな中で透明感のある歌声が聞こえたときの感動は今でも覚えています。

KIDA-14 1991/02/05発売
1.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~
作詞、西脇唯、作曲:西脇唯&緒里原洋子、編曲:門脇聡
2.君を見つめて-The time I'm seeing you-
作詞:井荻麟・茂村泰彦、作曲:茂村泰彦、編曲:門脇聡
KIDA-14.jpgKIDA-14裏.jpg


2018-10-18 19:59  nice!(1)  コメント(0) 

NEDL-10001 「センチメンタルグラフティ」センチメンタル・ラブ/雲の向こう [CD紹介]

セガサターンで1998年1月に発売された「センチメンタルグラフティ」。
そのイベントを開催するためのクラウドファンティングが、10月11日の22時からはじまったところ、あっという間に目標の1000万円に到達し、このブログを書いている12日20時過ぎには支援金額が2000万円まで達しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/91461

どんなイベントになるのでしょうね。

さて、今回紹介するのはゲームの主題歌だった曲です。

歌っているのはS.G.T(Sentimental Graffiti Tears)という歌手です。ぐぐっても正体が出てこない謎の歌手ですが、恐らくレコード会社の専属歌手のような気がしてます。
なお、ゲームの12人のヒロインは青二プロダクションの新人声優6人と、一般公募にで選ばれた6人(鈴木麻里子、岡田純子、前田愛(AiMの方)、岡本麻見、牧島有希、今野宏美、小田美智子、満仲由紀子、西口有香、豊嶋真千子、米本千珠、鈴木麗子(後に有島モユが加わる)。現在も活動されてる方もいらっしゃいますね。

NEDL-10001.jpgNEDL-10001裏.jpg

NEDL-10001 1997/12/10発売
1.センチメンタル・ラブ(エンディングテーマ)
作詞:六月十三、作曲・編曲:田島浩二
2.雲の向こう(オープニングテーマ)
作詞:為我井徹、作曲・編曲:田島浩二
3.センチメンタル・ラブ(オリジナル・カラオケ)
4.雲の向こう(オリジナル・カラオケ)


余談ですが、このCD(規格品版NEDL-)の発売元がNECインターチャネルで、販売元は日本コロムビアとなっています。その後もNEDL-の品番はセンチメンタルグラフィティ関連の楽曲の規格品番として使われました。
尚、同じくはNECインターチャネルが発売元であるNEDA-の規格品番(デジモンやマシュランボーなどの主題歌でおなじみ)ではキングレコードが発売元がなっており、アニメ関連ではアニソンに強いキングレコードの販売チャネルを活用していたものと思われます。


2018-10-12 21:01  nice!(1)  コメント(0) 

PODH-1230 ゆずれない願い/田村直美 [CD紹介]

今日10月1日は都民の日です。

公立の学校は今日が休みで、上野動物園や葛西臨海水族園といった東京都がやっている動物園をはじめ、浜離宮恩賜庭園や清澄庭園といった都立庭園も無料で入ることができる日なので、東京で学生時代を過ごした時分はその日に遊びに行ったりしたものです。

話は変わり、そんな東京を象徴するものといったら東京タワー。

テレビやラジオの放送電波などの送信塔として1958年(’昭和34年)に竣工され、今年の9月30日に放送大学の地上波テレビとFMラジオ電波送信を最後に、送信塔としての役割を終えましたが、東京の建築物と言ったら真っ先に思い浮かぶ存在感はこの先もずっとあり続けるのではないかと思います。

今回紹介するCDは、そんな東京タワーがキーポイントになっている作品「魔法騎士レイアース」のオープニングテーマです。

今回も奇をてらわずストレートな選曲です。

作中では、主人公の獅堂光(椎名へきる)、龍咲海(吉田古奈美)、法皇寺風(笠原弘子)の3人が東京タワーの展望台から物語の舞台「セフィーロ」に連れて行かれ、魔法騎士としてセフィーロを救うために戦うという話です。結末は「こんなのって・・・」って獅堂光に言わしめるもので、そこに救いがあったのかはいろいろ考えさせられるところです。
この作品に限らずCLAMP原作の作品では東京タワーがキーポイントとしてしばしば登場します。東京を舞台として描く作品で、何を描けば誰もがそこと分かるのかと思ったときに、すぐに思い浮かぶのはやっぱり東京タワーだったんでしょうか。やはりあの赤と白の、均整の取れたトラスが組み上がったタワーに、他の何物にも代えがたいシンボリックさを見出したのかもしれません。

PODH-1230 1994/11/09発売
1.ゆずれない願い
作詞;田村直美、作曲:田村直美・石川寛門、編曲:鷹羽仁、井上龍仁
2.あの日の二人はもういない
作詞;田村直美、作曲:田村直美・石川寛門、編曲:鷹羽仁、井上龍仁
3.ゆずれない願い(オリジナル・カラオケ)
PODH-1230.jpgPODH-1230裏.jpg


2018-10-01 20:21  nice!(1)  コメント(0) 

KIDA-131 テレビ東京系アニメーション「VS戦士ラムネ&40炎」オープニング 未来形アイドル [CD紹介]

最近仕事やらなんやかんやで気持ちに余裕がなくなってしまって久しぶりのブログ更新です。

24日に東京ドームで開催されていたKING SUPER LIVE 2018に行ってきました。

angelaからはじまり水樹奈々まで、途切れることのないエンドレスのステージ。
個人的には堀江由衣「Love Destiny」を歌い終わってからのまぼろし/can/goo→Pritsの怒涛のシスプリコーナーで究極に高まってました(ちなみに両隣は10代の女子と男子だったのですが、ココらへんの流れが掴みきれてないのかノリがいまひとつだった感じでしたwまぁアニメシスプリから17年前、リピュアからも15年前だもんなぁ…)。
次いで高橋洋子がロンギヌスの槍を杖代わりにして魂のルフランを熱唱するっていうのもグッとくるものが…。最後投げてたら神話になってたはず。

そんなステージが終わったあとにお待ちかねのコラボコーナー。

ガチのお遊びってこういうものなんだなっていう感じで、どの曲でも歌手がみんなノリノリで歌っていて最高のステージだったのですが、その中で水樹奈々と堀江由衣が二人で歌っていたのが「未来形アイドル」でした。

イントロが流れた瞬間、私は「うおおおおお」と思わず歓声(例によって両隣は大きな反応はなしw)。まさかあの二人がこの曲を歌うとは。ステージを走りながら歌う二人はキュートでパワフルだったし、歌い終わった後にゼェゼェと息が上がる堀江さん、それに対して涼しい顔をしている水樹さんのかけあいも面白く、これだけでも来たかいがあるというものです。

さて、この「未来形アイドル」がオープニングテーマだった、「VS戦士ラムネ&40炎」は1996年にテレビ東京で放送されていました。
葦プロダクション原作(原案や構成はあかほりさとる)のラムネスシリーズの一つで、初代(NG騎士ラムネ&40)は1990年に放送され、その後OVAやラジオドラマ、ライトノベルなど現在では主流となっているメディアミックス戦略を取った作品であり、CDも主題歌だけでなくキャラソンも多数ありました。
未来形アイドルはパフェ役(ピンクの髪の子)の宮村優子、カカオ役(青い髪の子)の氷上恭子が歌唱を担当しており、アニメ版のOPではイントロに二人のかけあいがありますが、CD版には収録されていないのが残念なところです(ちなみに桃井はるこが後にカバーしたものには、この掛け合いをモモーイ風にアレンジしたものが収録されています)。
カップリングはラムネス役の草尾毅とダ・サイダー役の矢尾一樹が歌う「行くぜ!カイゼルファイヤー」です。

KIDA-131 1996/05/22発売
1.未来形アイドル/氷上恭子&宮村優子
作詞:原山佳奈子、作曲:名古屋司、編曲:かっと&ぺーすと
2.行くぜ!カイゼルファイヤー
作詞:原山佳奈子、作曲・編曲:西沢明
3.未来形アイドル(Off Vocal Version)
4.行くぜ!カイゼルファイヤー(Off Vocal Version)

KIDA-131.jpgKIDA-131裏.jpg


2018-09-28 00:10  nice!(1)  コメント(0) 

キンスパチケット発券 [独り言]

昨日セブンイレブンで、24日に東京ドームで開催される、キンスパのチケットの発券をしてきました。

席の位置はざっくりいうと1階3塁側(25通路)。
東京ドームに入るのはほぼ初めてなので、それがどのくらいの位置なのかよくわからん。

ということでぐぐってみました。

https://livekiti.com/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E5%BA%A7%E5%B8%AD%E8%A1%A8%E8%A6%8B%E3%81%88%E6%96%B9/
ライブ基地というライブの席を解説するサイトによると、どうやらステージのほぼ正面ではあるものの、とてつもなく後ろの席のようです。
ホームランが入る位置と考えたら相当後ろであることは間違いなさそう(110メートル以上後ろ)。
距離はあれど高さがある分、それでもアリーナ後方よりは見やすいのかなと。

当日午前中に仕事になってしまったので開演時間に間に合うかかなり微妙なラインになってしまいましたが、ちゃちゃっと仕事を終わらせたいところです。


2018-09-11 18:35  nice!(1)  コメント(0) 

不思議なCD [独り言]

仕事も一区切りついて、ふとツイッターを眺めていたらとあるCDの画像がRTで流れてきました。

https://twitter.com/panasonynet/status/1037741897823936512


一見すると90年代に一世を風靡した、ことぶきつかさキャラデザのアニメの楽曲の8cmCDのようですが、画像をよく見ると不思議な点がいくつか。
まずは、こんなアニメ放送してたっけ?っていう点。
そして2枚目の写真にクレジットされている、[コピーライト]2018 Sony Music Marketing Inc.と、CDに記載されている規格品番のTODT-3443。

謎の多いCDです。これはこのブログのネタにしようと思い、帰宅してから調べてみました。

まず、輝夜 月(かぐや るな)というキャラクター。
これは2017年12月に誕生したVTuberで、独特の声質(首を絞めたハム太郎っぽい)のマシンガントークで喋り倒すスタイルのキャラクター。
何本か動画を見てみましたが、正直理解が追いつかないものの何故か見続けてしまうという謎の中毒性がありますね。
https://www.youtube.com/channel/UCQYADFw7xEJ9oZSM5ZbqyBw
↑これがYouTubeチャンネル

そんな彼女ですが、ソニー・ミュージックレーベルズ/SACRA MUSICと契約し、今年の8月29日にデビュー曲として、Beyond the Moonを配信にてリリースし、8月31日にはVRライブを開催するなど、音楽活動も積極的に行っているようです。

これで疑問点だった、このアニメは実在するものなのかという点については、アニメは実在のものではないけど、キャラクターと楽曲は実在するもので、楽曲はソニーからリリースされるという点も本当であるという事がわかりました。ただ、ある意味一番肝心な、このキャラクターの絵師が誰なのかというのが調べきれなかったのが本当に悔やまれるところです。

そして、最後の疑問点のTODT-3443という規格品番。
これはググってすぐに出てきました。
ジョー・リノイエのシンクロナイズド・ラヴです。
タイトルでピンとこなくても、30代以上の人であれば一度聞けば「あー」って思う人が多いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=kfQqODI0p-s

今はなきサラ金業者、武富士のCMソングとして使われていた楽曲で、十数人のダンサーが一糸乱れぬ動きでまさしくシンクロしてダンスをするCMは当時凄くインパクトがありました。


ジョー・リノイエは「ふしぎの海のナディア」のOPだったブルーウォーターの編曲、EDのYes, I wil…mp作曲・編曲や、lRomantic ModeのメンバーとしてガンダムXの主題歌の作曲等も担当していることから、名前を見聞きすることは結構あると思います。

結局のところ、このCDはコラで実在するものではないものだけど、本当によくできてるなぁと。

調べるまではこのVTunerの存在も知らなかったので、このCDが実在するものなのかと初見では騙されましたw

新しい情報を定期的に仕入れないといけないなぁとつくづく思わされた今日でした。

https://twitter.com/panasonynet/status/1037741897823936512


2018-09-07 21:56  nice!(2)  コメント(0) 

CODC-1349 マスターモスキートン'99 エンディングテーマ 地図にない未来 [CD紹介]

昨年から活動を休止していた、声優の今井由香さんが声優としての活動を引退。おつかれさまでした。
理由は明かされていませんが、発達障害持ちのご子息の育児を巡り離婚することになったそうで、育児に専念する事が一つの理由かもしれません。
特別支援学校に通わせながら、夕方は放課後デイサービスを利用したりと、仕事をしながらでもある程度育児はできる環境はありますが、それでもやはり一人で育てていくのは並大抵のことではないだけに、引退という選択をするのはやむを得ないのかもしれません。
今回紹介するのはマスターモスキートン'99のエンディングテーマで、自身が主題歌を担当した曲です。
マスターモスキートン'99はOVA「マスターモスキートン」のリメイク版として、1997年~1998年にテレビ東京系で放送されたテレビアニメで、世界中に散らばる秘宝「オーパーツ」を、ヒロインで女子高生のイナホ・ヒトメボレと、彼女と血の契約を結んだ吸血鬼(普段はその教師)のアルカード・フォン・モスキートン(CV子安武人)が探していくという話です。オーパーツ探しは一筋縄ではいかず二人がドタバタするコメディタッチの強い作品でした。
OPはCyber Nation Networkが担当しており、打ち込み系の独特のサウンドで非常にクセになる楽曲ですが、今回紹介するEDの「地図にない未来」は非常にしっとりとしたバラードナンバーで、アニメのハイテンションさとも切り離された感じですが、旅の中でこういう一幕はあったのかもしれないですね。
対してカップリングの"LOVE'S ENERGY~だって好きなンだもん~"は明るい楽曲で、想いを寄せているアルカードへの気持ちをストレートに歌っている楽曲だと思います。
CODC-1349.jpgCODC-1349裏.jpg

CODC-1349 1997/10/21発売

1.地図にない未来
作詞:及川眠子、作曲:TA,COOL、編曲:京田誠一
2.LOVE ENERGY~だって好きなンだもん~
作詞:夏野芹子、作曲:西司、編曲:有森拓美
3.地図にない未来(オリジナル・カラオケ)
4.LOVE ENERGY~だって好きなンだもん~(オリジナル・カラオケ)


2018-09-02 18:57  nice!(2)  コメント(0) 

PIDL-1193 たま/あっけにとられた時のうた [CD紹介]

漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなられたというニュースが今夜入ってきて、そのニュースを見たときの反応は、悲しいというより先に言葉が出ず、まさしく呆気に取られた状態です。

言うまでもなくちびまる子ちゃんの作者で、90年からはアニメが始まり、一時放送が終わるも(その間はツヨシしっかりしなさいが放送されてました)95年より再びアニメがはじまり現在も放送されています。
そして、「さくらももこ劇場コジコジ」は1997~1999年にTBS系にて放送されました。

また、エッセイストとして、「もものかんづめ」「たいのおかしら」「そういうふうにできている」などベストセラーも多く、少し引いた目線から、毒を盛りながら書き連ねていくという文体が面白く、ゲラゲラ笑いながら何度も読み返したものです。個人的には「もものかんづめ」の「ジイさんが死んだ日」というのが好きでした。
自宅で死んだ祖父の友蔵に対してこれでもかと悪態をつきつつ、葬送までの様子を面白おかしく書き連ねている、不謹慎だと思いつつも笑ってしまう話です。

シニカルな目線はややもすると炎上しがちな今、これを文字として書ききれる、言葉として言い切れる稀有な方が亡くなってしまったとつくづく悔やまれるばかりです。

衷心よりご冥福をお祈りします。

PIDL-1193 1996/06/26発売

1.あっけにとられた時のうた
作詞:さくらももこ。作曲:知久寿焼、編曲:たま
2.あるびの
作詞、作曲:知久寿焼、編曲:たま
3.あっけにとられた時のうた(オリジナル・カラオケ)
4.あるびの(オリジナル・カラオケ)

PIDL-1193.jpgPIDL-1193裏.jpg


2018-08-27 20:40  nice!(1)  コメント(0) 

アナザーストーリーズ [独り言]

今日BSプレミアムで放送される気になる番組。

アナザーストーリーズ「CD開発 “不良社員”たちが起こしたデジタル革命」 
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-08-21/10/6358/1453100/

CDを開発したソニーの技術者の話が放送されるようです。実家のレコーダーに早速予約しました。
CDをブログのテーマとしてることもあり、この番組がどういう内容になるのか楽しみで、明日実家に帰って見に行きたいくらいですw


ソニーのHPの中にある、ソニーヒストリーのページにもCDの開発秘話は詳しく載っており、共同開発したフィリップスとの侃々諤々の議論により、サイズ(12cm)や記録方式などを詰めていった話など、読んでいると時間があっという間に過ぎていきます。


第7章 デジタルをものにしてみせる
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-07.html

第8章 「レコードに代わるものはこれだ」<コンパクトディスク>
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-08.html

第9章 石もて追われる古賀
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-09.html

そして1982年10月1日にソニーから世界初のCDプレイヤー「CDP-101」とともに50タイトルの

CDも同時に発売(最初のCDはビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」)しました。
(ちなみに8cmCD(シングルCD)の登場は1988年から。)
それから36年、映像の媒体はカセット、DVD、そしてBDとスタンダードが変わっていく中で、音楽は基本的にCDであり続けているのは規格として非常に完成度が高いからなのかもしれません。
今から放送が楽しみでなりません。


2018-08-21 18:15  nice!(2)  コメント(0) 

やっちまったなぁ・・・ [独り言]

調布FM聞き逃した・・・


2018-08-19 18:00  nice!(1)  コメント(0) 

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]