So-net無料ブログ作成

APDM-5066 TVアニメ「To Heart」Access/SPY(2回目の紹介・大幅加筆) [CD紹介]

2560149

2560150


今から20年前、1997年5月23日にLeafビジュアルノベルシリーズの第3弾の「To Heart」が発売されました。TwitterではTo Heart20周年として盛り上がっています。


かくいう私もリアルタイムから少し遅れはしたものの、家族が寝静まった夜にこのゲームをしこしこプレイし、そのためにPCのメモリーも16MB→48MBに増設しました。

メイドロボのマルチが工場に戻るシーンでは思わずウルッときてしまったのを覚えています。


…とまぁ個人的な話はさておき、To Heartはエロゲとしては爆発的なヒットとなり、その後エロシーンをカットしたものが1999年にPSに移植され、同年にテレビアニメも独立UHF系列で放送されました(当時はMXはアニメに力を入れておらず未放送。関東ではテレビ埼玉や千葉テレビ、テレビ神奈川で放送。テレビ神奈川が当時最もアニメを放送していたと言われています)。


今回紹介するのは、そのエンディング主題歌となった楽曲です。

OPのFeeling Heart/中司雅美(KIDA-5502.1999/04/02発売)はPS版でも使用されていますが、こちらはテレビアニメ版でのみ、そして、CS(キッズステーション、AT-X)と新潟放送で放送されていたものではYell/川澄綾子という楽曲が起用されていました。


当初はYellが使われる予定だったものの、スポンサーであったバンダイの意向により、グループ内のレコード会社(バンダイミュージックエンタテインメント(旧・アポロン(アポロン音楽産業))の所属していたSPYのこの曲に差し替えられたと言われています。ただ地上波において新潟放送でのみ差し替えが行われなかったのは、このゲームのヒロインである、神岸あかりを演じる川澄綾子さんの祖母の出身地が新潟であり、故郷に錦を飾る意味合いの計らいだったとも。

新潟だけ放送が遅くてCS版のものを買っていたというわけでもないようです。


そのバンダイミュージックエンタテインメントも翌年(2000年)に会社を精算し、その時のスタッフとエアーズのスタッフがランティスを立ち上げ、2006年にバンダイビジュアルの完全子会社となり、バンダイが音楽事業に再参入することになるのは面白いものです。


APDM-5066 1999年5月21日発売

1.Access(エンディングテーマ)
作詞:KAZUYO、作曲:長部正和、編曲:HIRO

2.Dreams Come True
作詞:KAZUYO、作曲、編曲:HIRO

3.Access(オリジナルカラオケ)

4.Dreams Come True(オリジナル・カラオケ)



Access/SPY(YouTubeより)


Yell/川澄綾子(YouTubeより)


2017-05-24 00:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。