So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

VIDL-30460 テレビ東京アニメーション エクセル?サーガ/エクセル[ハート]ガールズ #小林エクセル [CD紹介]

クレヨンしんちゃんののはらしんのすけ役の後任の方が、小林由美子さんに決まったというニュース。
現在放送されている「鬼灯の冷徹」で演じている犬の獄卒である、シロみたいな、ノーテンキで元気なキャラクターを演じさせると右に出る者はいないと個人的には思うので、結構ハチャメチャなしんのすけを演じるのではないかと思ってます。

そんなニュースの中、Twitterのトレンドに浮上したのが「#小林エクセル」というハッシュタグ。

今の20代以下の人からしたらなんのこっちゃ?と思うハッシュタグではありますが、小林エクセルというのは人名で、1999年にテレビ東京で放送されていたアニメ「へっぽこ実験アニメーション エクセル[ハート]サーガ」の主題歌を歌っていた、本編のキャラクターの格好をしたエクセル[ハート]ガールズのメンバーとして小林由美子が扮していたのが小林エクセルだったのです(もうひとりは高橋美佳子さんが扮したハイアット美佳子)。
ハイアット美佳子ともどもアニメの本編にはちょい役で登場したものの、アニメ内の本物のハイアット(CV南央美)から偽物呼ばわりされたりと受難な役回りでした。

アニメ自体がハチャメチャでなんでもアリな作風だったので、ゲラゲラ笑いながら録画したものを見た記憶があります。

また、エクセル[ハート]ガールズとして全国にCDを売り歩いたり、イベントをやったりと、本編ではほとんど登場しないにもかかわらず、リアルでは主役クラスの活動をするという点もなかなか斬新な設定だったんじゃないかなと思います。

VIDL-30460.jpgVIDL-30460裏.jpg

VIDL-30460 1999/11/3発売

1.愛(忠誠心)
作詞:ワタナベシンイチ、作曲・編曲:増田俊郎

2.メンチ・哀愁のボレロ~食すのね
作詞:ワタナベシンイチ、作曲・編曲:増田俊郎

3.愛(忠誠心)

4.メンチ・哀愁のボレロ~食すのね(メンチのカラオケ)


メンチ・哀愁のボレロは迷曲中の迷曲だと思います。本編に登場する犬のメンチが、ひたすら「アンアン~アアアン~」と鳴き(最後は悲鳴をあげる)、人間が歌詞を読み上げるという曲でした。



2018-06-14 23:18  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

WPD7-10007 TWO-MIX/BODY MAKES STREAM [CD紹介]

今日6/14からFIFAワールドカップのロシア大会がはじまるようです。

今月にワールドカップがはじまるということはニュースで見聞きしていましたが、それが14日からだと知ったのはつい昨日のこと。その前日に親善試合を行っていたので来週あたりなんだろうと思っていたら14日なのだと…。

サッカー(というかスポーツ全般)には詳しくないので、ニュースを賑わせた、ハリルホジッチ監督の不可解な解任に、え?そのタイミングで?と思ったものですが、後任というかつなぎなのかで選出された西野朗監督はどんなサッカーで挑戦するのか期待したいところです。

今日紹介するCDは現在もTBSで放送されているサッカー情報番組「スーパーサッカー」のテーマソングとして起用された楽曲です。(個人的にはスーパーサッカーといったら三井ゆりと生島ヒロシの司会の時代しか知らないです…)
歌っているのはTWO-MIXで、デビュー時から所属していたキングレコードからワーナーミュージックジャパンに移籍してから2枚目のシングル(1枚目は名探偵コナンのテーマソングで、オリコン自己最高位3位を記録した「TRUTH~A Great Detective of Love~」)。TWO-MIXのシングルらしい、ギラギラした音圧の高いサウンドと、怒涛のように音が流れるスピード感のある楽曲です。特に2コーラスが終わったあとの間奏にラテン系のリズムパートがあり、サンバを踊りたくなってきますwサッカーと言ったらブラジルっていうイメージでこういうアレンジになったのかもしれないですね。

2曲目のJUSTICEーanother possibility-は、いとこの高山美瑠と歌っていた「金田一少年の事件簿」の主題歌の「JUSTICE~Future Mystery~」セルフカバー曲です。こちらもワーナーミュージックジャパンからリリースされてます(WPD7-10006 1999/05/12発売)。


WPD7-10007.jpgWPD7-10007裏.jpg

WPD7-10007 1999/05/12発売

1.BODY MAKES STREAM
2.JUSTICE~another possibility~
3.BODY MAKES STREAM(Instrumental)



2018-06-14 00:48  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

KIDA-114 高橋洋子 残酷な天使のテーゼ/月の迷宮 [CD紹介]

毎週土曜日の18時から、フジテレビで放送されている音楽番組「MUSIC FAIR」で、今日の放送において番組として初めてアニメソング特集が組まれ、ゲストは水樹奈々、宮野真守、三森すずこ、氷川きよし、そして高橋洋子という面々でした。


1曲目は全員による「魂のルフラン」で、1997年に発売された「旧劇」のエヴァで使われた曲。
(ブログでも既にCD紹介を書いてますので、でもしよければそちらも目を通してもらえたら嬉しいです。
KIDA-146 高橋洋子 魂のルフラン/心よ原始に戻れ http://ane-memi.blog.so-net.ne.jp/2014-08-20 )
1997年当時で80万枚売れてはいるものの、残酷な天使のテーゼに比べるとあまりメディアで流れることがない(かつてTBSで放送されていた「うたばん」では別録で本人が歌唱した映像が流れた事はありますが)だけに、それをトップに持ってくる事に、番組の気合が入ってる感じが伝わってきました。いきなり鷲掴みにされましたw


魂のルフランの歌唱のあとのスタジオトークでは、声優3人に対して「自分の地声やキャラと一番かけ離れたキャラクターは?」という質問になり、水樹奈々がまさかのシスタープリンセスの亞里亞をチョイス。
それを聞いた時一気にテンションが上がりながらも「これ民放の普通の音楽番組でやっていいの?」という複雑な気持ちになりましたが、その後フジテレビの軽部アナウンサーが「ぜひ演じていただきましょう」という振りからの、「兄や~」と今の水樹奈々がしゃべり、私は撃沈です…。ありがとうございました。

まさか2018年になってシスプリの新規ボイスが聞けるとは思えず、シスプリにハマった者として、生きててよかったと改めて思った次第です。ただ亞里亞のキャラソンは亞里亞じゃなくて水樹奈々歌唱です。

そのトークのあと、水樹奈々×宮野真守のデュエットで「カノン→ETERNAL BLAZE」のメドレー、三森すずこ「ユニバーページ」と続けて流れました。
トップクラスの声優歌唱曲とアイドル声優歌唱曲という、声優の歌うアニメソングとはこういうものだという点において、とても分かりやすいチョイスだったように思えます。

そして番組の締めは「残酷な天使のテーゼ」。
曲前のトークで、元々はエンディングの「FLY ME TO THE MOON」を歌うという話で、その流れで「残酷な天使のテーゼ」も歌ってみないか?ということになり実現したのだそう。その顛末についてはこのニュースが詳しいのでリンクを貼らせていただきます。

高橋洋子、代表曲「残酷な天使のテーゼ」冒頭は“10代の声”で今も苦悩 | ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2112495/full/

そしてアニメの映像をバックに生演奏で流れる「残酷な天使のテーゼ」。
他のアニソン番組でも歌っていたりしますが、何度聞いてもやっぱりイントロの「ざ~んこ~くな~」って流れると一気にスイッチが入る感覚は衰えないものだなと。
もう22年前だけどエヴァの放送当時、碇シンジやアスカといったチルドレンと同い年だったので、キャラクターのあり方もぐさっと心に刺さり、当時は本当にハマったものでした。

新劇はいつになったら次回作が出るのだろうか…。


本題に戻して…


「残酷な天使のテーゼ」は、1995年から2002年に文化放送で放送されていたアニソンのカウントダウン番組「SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン(ドリカン)」において、全ランクイン曲で最長の27週に渡ってランクインし、通算成績も1760点で歴代1位となりました。90年代を代表するアニメソングであるというのは誰もが納得がいくのではないかと思います。なお、今回紹介するCD(KIDA-114)はアニメのジャケットではない方となります。
(アニメのジャケットはKIDA-116で、カップリングはEDのFLY ME TO THE MOON)
このCDの2曲目は本編では使用されなかったものの、エヴァンゲリオンのイメージソングの「月の迷宮」が収録されています。
力強くなぎ倒すような「残酷な天使のテーゼ」とは打って変わり、静かなアレンジで歌声が澄み渡るような楽曲です。夜に聞くとしっとりとした気持ちになれるんじゃないかなと思います。

KIDA-114 1995/10/25発売
1.残酷な天使のテーゼ
作詞:及川眠子、作曲:佐藤秀俊、編曲:大森俊之

2.月の迷宮
作詞:及川眠子、作曲・編曲:大森俊之

3.残酷な天使のテーゼ(オリジナルカラオケ)

4.月の迷宮(オリジナルカラオケ)

KIDA-114.jpgKIDA-114裏.jpg

当時はキティエンタープライズに所属してたため、キングレコードからリリースされたこの曲のジャケット(歌詞の部分)には「by the coutesy of Kitty ENTERPRISE(キティエンタープライズのご厚意により)」と記載されています。アニソンではよくあることですが、本来所属しているレコード会社の他から楽曲をリリースするとき、この表記が見られることがあります。(有名なところだと「めざせポケモンマスター(発売元はメディアファクトリー(現KADOKAWA))」を歌った松本梨香も当時はソニーレコードに所属していたため、歌詞カードに(by the coutesy of Sony Records)と記載されてます。)なおキティエンタープライズの頃にもOVAのサイレントメビウスのイメージソングをリリースしています。


2018-06-09 20:32  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

PODX-2001 Silver rain/緒方恵美 [CD紹介]

今日は朝からどんよりと曇っていて、午後からは本降りの雨が降ってきました。

私が住んでいる関東地方でも梅雨入りの発表があり、ついに雨の季節がはじまりました。

あと1ヶ月半くらいは雨が降ったり曇ったりする日が続きます。ちょっとうんざりするような季節ではありますが、たまには雨音に耳を傾けつつ穏やかに過ごしてみたいと思うところです。

そんな今日紹介するCDは緒方恵美さんの楽曲です。
緒方恵美さんといえば、幽遊白書の蔵馬役でデビューし、耳を溶かしてくるような甘めな低音ボイスからショタボイスまで、男性キャラを演じさせれば右に出る者はないくらいに、「男前」な声をしているのは言うまでもないところです。それに対して歌では勿論男性的な力強い楽曲も多いですが、意外と(と言っては失礼かもしれませんが)、乙女チックなものもあったりします。今回のSilver rainもその一つ。

曲を要約すれば「雨の降る日には、大好きな人のことをを思えば頑張れる」という感じでしょうか。それをしっとりと歌い上げる緒方さんの歌声からは、とてもとても「アニキ」という感じは想像できません。

シングルの入手はもはや難しいですが、ランティスから出ている、声優生活10周年記念ベスト「アイタイ。~passed,and next 1992-2002~」には収録されてますので、音源が入手できた際には是非聞いていただきたい曲です。


PODX-2001.jpgPODX-2001裏.jpg

PODX-2001 1999/07/01発売

1.Silver rain
作詞、作曲:緒方恵美、編曲:ヤギハシカンペー

2.baby skin
作詞、作曲:緒方恵美、編曲:ヤギハシカンペー

3.Silver rain(KARAOKE)


余談ですが、このCDが発売された1999年7月1日は、このCDの発売元がポリグラムK.Kからユニバーサルミュージックと名称が変更した初日となります。ロゴにもなっているポリドールK.Kは制作会社として存続しレーベル名でもありましたが、2002年にユニバーサルミュージックK.Kが吸収したことで、ポリドールという名称は消滅しました。


2018-06-06 21:37  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

WPDL-4356 オラはにんきもの/のはらしんのすけ [CD紹介]

クレヨンしんちゃん声優が降板発表 「しんのすけの声を保ち続けるが難しく…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000063-dal-ent @YahooNewsTopics


ビックリしましたね。

矢島晶子さんが、6/29の放送分をもって主役ののはらしんのすけ役を降板するというニュース。
その理由は「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為」のようです。
あののっぺりと間延びしたような声はよくモノマネのネタになりますが、それで会話をしたり声を張り上げたりするのは相当大変なことで負担が大きかったんでしょうね。放送がはじまった1992年から26年間、本当にお疲れさまでした。

そんな今回はクレヨンしんちゃんといえばこの曲という、超ド定番曲の紹介です。
オリコン最高位は10位で売上枚数は367,250枚と、声優歌唱のアニソンシングルとしては、めざせポケモンマスター(1,127,760枚)に次ぐ売上枚数で、そのためか中古でも比較的見かけるアニソン8cmCDでした。ただステッカー入りなのは見かけたことはなかったので、いつか入手したいところです。

WPDL-4356 1993/07/15発売

1.オラはにんきもの/のはらしんのすけ(矢島晶子)

2.かーちゃんのまじめな子守唄/のはらみさえ(ならはしみき)

3.オラはにんきもの(オリジナルカラオケ)

4.かーちゃんのまじめな子守唄(オリジナルカラオケ)

2曲目のかーちゃんのまじめな子守唄は、ならはしみきのウィスパーボイスな歌声が堪能できるある意味貴重な楽曲となっております。


WPDL-4356.jpgWPDL-4356裏.jpg


2018-06-01 22:19  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

KIDA-7607 金月真美/告白 [CD紹介]

1994年5月27日にPCエンジンにてときめきメモリアルが発売されたと、27日にコナミの公式アカウントがツイートしているのを見ました。

恋愛シミュレーションをジャンルとして認知させるきっかけとなったこの作品のスタートはPCエンジンからでした。

その後、プレステ、スーファミ、セガサターン、ゲームボーイと移植され、ナンバリングタイトルも含めて現在も新シリーズが続く息の長いコンテツとなってます。

3と女性向けタイトルの「Girl's Side」では「ときメモファンド」という金融商品(投資信託)が発売され、ソフトの売上によって運用実績が決められるというもので、ユーザーが間接的に資本参加できるという仕組みも話題になったりしました(運用実績はプラスだったらしい)。

ゲームの内容は改めて言うまでもないですが、学力や運動能力、容姿などのパラメータを上げて女子の好感度を上げて、卒業式に告白されたらハッピーエンドというものです。私はスーファミ版しかやってなかったですが、結局メインヒロインである藤崎詩織を攻略することもできずに売ってしまいましたw

そんなきらめき高校の生徒も初代から通算すると38歳ということになります。随分とまぁ時間が過ぎてしまったものだとは思いますが、2年後の40歳になった時に、きらめき高校の元生徒と同窓会で再会して再び恋が始まるみたいな、大人の恋愛ゲームに期待したいところです。

今回紹介するCDは、ハッピーエンド(誰かに告白された)の時に流れる曲です(容量の都合上スーファミは歌はなし)。

ヒロインの藤崎詩織役の金月真美が歌っている、彼女の2枚目のシングル(1枚目はOPのもっと!モット!ときめき)で、OPのポップな感じとは打って変わりしっとりとしたバラードナンバーです。金月さんのねっとりとした歌声によく馴染んでいる曲です。


KIDA-7607.jpgKIDA-7607表.jpg


KIDA-7607 1996/03/23発売

1.告白
作詞:さゆ鈴、作曲:あきろぴと&大内正徳、編曲:岩崎元是

2.夕凪便り
作詞:大内正徳、作曲:めたるゆーき&大内正徳、編曲:古川もとあき

3.告白(KARAOKE)


余談となりますが、KIDA(KIDS)の7000番台は、キングレコードの販売ルートを使用するCDにおいて、コナミレーベルに割り当てられた規格品番で、2000年頃にコナミミュージックエンタテインメントとして自前の法人を立ち上げるまで使われていました(コナミミュージックエンタテインメントの8cmCDの規格品番はKMDA(KMDS))。
以前紹介した丹下桜の楽曲も初期の楽曲はKIDA-7000番台で、コナミミュージックエンタテインメント発売分からはKMDS(マキシはKMCSで、販売ルートは変わらずキングレコード)となっております。

コナミミュージックエンタテインメントはその後、コナミメディアエンタテインメントとなり、一旦コナミに再吸収されました。
コナミ本体の持株会社化(コナミホールディングス)による組織変更により、コナミホールディングスの完全子会社として音楽等の部門がコナミデジタルエンタテインメントと分離して現在に至ります。


2018-05-29 00:49  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ソニーがEMIを子会社化 [独り言]

アニソンの記事ではありませんが、気になるニュースだったので備忘録としてブログの記事に。


ソニー、EMIを子会社化 2100億円で株追加取得:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30794380S8A520C1000000/


ー引用(記事本文より)


 ソニーは22日、英ロックバンド「クイーン」などの著作権を持つEMIミュージックパブリッシングの運営会社を子会社化すると発表した。約19億ドル(約2100億円)で、アブダビ系のファンドから60%超の株式を追加取得する。有力なコンテンツへの投資を拡大する。ソニーの買収としては過去2番目の大きさになるー(引用終わり)


楽曲のディスクの販売や曲の配信などが下降線をたどっていくのに対して、Spotifyなどのストリーミングサービスは

上昇の一途をたどっていく中で、既存のストリーミングサービス、あるいは自前で同様のものを行う時にどれだけの楽曲資源があるかは重要なファクターであることは言うまでもなく、老舗レーベルの持つ膨大な楽曲に食指が動くのは自然の流れであると思います。

これがきっかけで他のレコード会社も同様に合併を行っていくのか気になるところではあります。


EMIといえばかつては日本では東芝EMIが存在しましたが、ユニバーサルミュージックに吸収され、名称としては消滅しています。かつてはスタチャ出身者によって立ち上がったYOUMEX(ユーメックス)というアニソンレーベルもあり、90年代前半においていくつかのアニソン(企画品番TYDYもしくはTYCY)もリリースしていました。「絶対無敵ライジンオー」の関連曲はユーメックスからリリースされています。


2018-05-23 19:45  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

8cmCDを自宅に [独り言]

今住んでる寮でかさばってたのがPCやテレビを入れていた空のダンボール。

今日は仕事が休みだったのでそれをひとまとめにして群馬の倉庫へ持っていき、代わりに群馬の倉庫に置きっぱなしにしてた8cmCDを自宅に持ってきました。

小さめの衣装ケースで6ケースほど…

ようやくCDが手元に戻り、ダンボールも整理できて気分も上々です。そしてブログの更新頻度を少しでも上げていきたいところです。


2018-05-16 18:57  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

CODC-691 鬼神童子ZENKI新エンディングテーマソング [CD紹介]

漫画家の黒岩よしひろさんの訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。


黒岩よしひろさんの代表作と言えるのが、鬼神童子ZENKI。

この作品は週刊少年ジャンプに連載され、テレビアニメはテレビ東京で1995年1月から12月までのおよそ一年間放送され、OVAやテレビゲーム展開もされました。

ヒロインの悪霊祓い師の少女、役小明(えんのちあき)(CV横山智佐)と封印されていた使い魔である前鬼(CV山口勝平)が、小角(おづぬ)の秘宝を奪いに来る者を追い払うべく戦うという所謂バトルモノの作品ですが、お色気シーンも"非常に"多く、原作はもとよりテレビアニメでも小明をはじめ女性キャラのパンチラはしょっちゅうあり、いろいろな意味で私もお世話になったものです。

当時は今のアニメみたいに、大事なとこにきて怪光線がかかったり、スチームサウナみたいな湯気もなかったですからすべてがクリアに見えてたし…。

今思えば、小明とチビ前鬼のおねショタ要素も盛り込まれていて、色々な意味で男子の本能をくすぐる作品でもありました。80年台から今に至るまで、山口勝平の元気系ショタキャラを演じさせたら右に出る者がいない安定感、そして90年台中盤の横山智佐のヒロインもハマり役が多く「天地無用」の砂沙美、「銀河お嬢様伝説ユナ」の神楽坂ユナ、「サクラ大戦」の真宮寺さくらと当時のトップレベルのアイドル声優であったことは言を俟たないところです。


とまぁ話が脱線してしまいましたが、主題歌はOP2曲、ED2曲がありました。


OP1:鬼神童子ZENKI

OP2:超鬼神ZENKI、来迎聖臨!(いずれも歌唱は影山ヒロノブ)

ED1:笑顔をあげる/瀧本瞳

ED2:Sleepless Angel~眠れぬ夜の天使たち~/横山智佐


今回紹介するのはED2のSleepless Angel~眠れぬ夜の天使たち~です。

歌っているのは主人公の役小明を演じている横山智佐さんで、OPのゴリゴリのアニソンさからは一転して、当時結構流行っていたようなクラブ系のサウンドからはじまるちょっと大人びたサウンドの楽曲となっていて、声優のオリジナルソングのテイストがかなり強い曲です。曲調やアレンジからは作品の要素は薄めのようですが、輪具(リング)光放つとき(中略)闇を消すのよーという歌詞は作品の本質を一言で言い表していると思います。


CODC-691.jpgCODC-691裏.jpg


CODC-691 1995/07/21


1.Sleepless Angel~眠れぬ夜の天使たち~

作詞:吉元由美、作曲・編曲:庄野賢一

2.憧れにちかづくために

作詞:吉元由美、作曲・編曲:小倉良

3.Sleepless Angel~眠れぬ夜の天使たち~(オリジナル・カラオケ)

4.憧れに近づくために(オリジナル・カラオケ)


 
鬼神童子ZENKI 全12巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

鬼神童子ZENKI 全12巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 黒岩 よしひろ 谷菊 秀
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: コミック



2018-05-16 18:26  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ESDB-3493 アジアのこの街で/上々颱風 [CD紹介]

4月5日に、映画監督の高畑勲さんの訃報のニュースが入ってきました。

謹んでお悔やみを申し上げます。

1985年のスタジオジブリ設立当初のメンバーで、火垂るの墓、おもひでぽろぽろ、平成狸合戦ぽんぽこといった作品の監督を勤め、2013年に公開された「かぐや姫の物語」が最後の監督作品となりました。

ファンタジックな宮崎駿監督作品と比較すると、現実の社会に沿っていたり、登場人物の心の機微に重きを置いた内容で、子供心には分かりにくく、所謂見る人を選ぶようなものが多かったと思います、

そんな中で紹介するCDは、1994年に公開された「平成狸合戦ぽんぽこ」の主題歌です。

平成狸合戦ぽんぽこは、多摩丘陵の多摩ニュータウン建設を阻止するために、地元だけでなく全国から狸が結集し、人に化けて人間の社会を混乱させたり、幻覚を見させたりとあの手この手で戦いを挑んでいくという話です。

そんな狸の抵抗も虚しく、結局多摩ニュータウンは建設され、開発された街の中で人として生きたり、狸として生きたりそれぞれの生活を過ごす結末は、アニメとして見たくはないくらいに現実的でありシビアですね。

大きな夢を抱いたものの、道半ばで挫折してしまっても腐ることなく折り合いをつけてなんとか生きていく。現実では当たり前の事だけど、改めてアニメで見るとそれが純化されて伝わってくるような気がします。


ただ作品の中の狸は、人間との戦いの中でも仲間と楽しくやっていたり、喧嘩や恋もしたりと活き活きとしています。現実にしっかりと根付いている姿だからこそ美しい。

ESDB-3493.jpgESDB-3493裏.jpg


ESDB-3493

1994/07/01発売


1.アジアのこの街で

作詞:紅龍、作曲:猪野陽子、編曲:上々颱風、古澤良治郎


2.いつでも誰かが(ニュー・ヴァージョン)

作詞、作曲:紅龍、編曲:上々颱風、古澤良治郎


3.アジアのこの街で



2018-04-06 22:53  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る