So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

KIDA-138 林原めぐみ Successful Mission [CD紹介]

日付的にはもう一昨日の話になりますが、林原めぐみの1stライブ-あなたに会いにきて-を見に行ってきました。

私のオタの原点であり、もはや生活の一部としてあるような存在の林原さん。

1991年3月5日に「虹色のSneaker」でシングルデビューしてから26年。現在の声優歌手の隆盛の礎を築いたと言っても過言ではないる彼女の、初めての有料でのソロライブ。

ラジオで初めてライブの告知を聞いた時、深夜(TBSラジオでは日曜24時)にも関わらず「マジかよ!!!!」と絶叫。

「これを見ないと死ぬに死ねない、なんとしても見に行かねば、だけど超絶高倍率で獲れないだろう、ダメもとで応募せねばと、怒涛に渦巻く感情の中チケットの先行抽選受付に申し込み、運良く(というか、人生の運を全振りして)当選。

正直、本当に私でいいのか?見るのに相応しい人がもっといるのに申し訳ないなという感覚にもなったりしましたが、当たったからには楽しまないと失礼だと思い直して当日を迎えました。


中野サンプラザの赤い階段を上り、チケットの名前と顔写真入り身分証明書による厳格な本人チェックを通過して着席。

どんな感じのライブになるのか、何を歌っても盛り上がるとはいえ、どの曲をチョイスするのか、最初に何を歌うのか予想しているうちに開演。

ライブは、本人が演じたキャラクターが中野サンプラザに行くという内容の寸劇の朗読→演じたキャラクターをモチーフにした衣装で歌うというのが基本構成で、ミンキーモモ、セイバーマリオネットJ、万能文化猫娘、シャーマンキング、昭和元禄落語心中、そして岡崎律子コーナーで終演と見せかけて最後にスレイヤーズで締めるという展開でした。

ちなみに作品名もキャラ名もライブ中では挙げられなかった(当人曰く裏テーマとしてそれを「不親切」と表現)ものの、寸劇でどの作品の誰なのかが分かる演出は本当に心憎く、感激させられました。


その中で一番感極まったのが「セイバーマリオネットJ」でした。火曜日夕方6時にテレ東で放送されてたアニメ、そして原作のラノベも読んでました。チェリーみたいな娘に尽くされたいものだ思った当時は中学生。時々あるセクシーなシーンに色々お世話になったなと…。

ライムやチェリー(白鳥由里)、ブラックベリー(平松晶子)が中野サンプラザに向かうというドタバタ劇のやりとりを聞いていると、そんな記憶がフラッシュバックしてきて涙腺が緩んできたところで流れてきたのがセイバーマリオネットJのオープニングテーマの「Successful Mission」」。

涙を拭いながらライムを模した格好をした林原さんを見てました。続いてhesitation、そしてI'll be thereとこれでもかという

選曲で涙は止まらなかったです。その後の岡崎律子コーナーでも泣きました。


リアルタイムで追っていたものがやってくる事に感動をする辺り、やっぱり歳をとってしまったんだなぁとしみじみしつつも、このライブで、あの頃のキャラクターが会いにきてくれた事に本当に感謝。これからも林原さんのファンでい続けていきたいし、またライブをやる姿を見てみたいと思い、今日の記事とします。つらつらと長文失礼しました。


KIDA-138 (2).jpgKIDA-138裏.jpg


KIDA-138 1996/10/23発売

1.Successful Mission
作詞:MEGUMI、作曲:佐藤英敏、編曲:矢吹俊郎、コーラス:奥井雅美・林原めぐみ


2.I'll be there
作詞:MEGUMI、作曲:佐藤英敏、編曲:添田啓ニ、コーラス:奥井雅美


3.Successful Mission<OFF VOCAL VERSION>


4.I'll be there<OFF VOCAL VERSION>


Successful Missionは当時日本テレビで放送されていた音楽番組「速報!歌の大辞テン」でランクインし、本人が歌っている映像が放送されたこともありました。その後98年にrasing wavesもランクインしたものの、その時の本人の登場は曲前のメッセージだけ(あまりテレビに出ない事を天然記念物と言って笑いを誘っていました)で、映像は映画スレイヤーズのものでした。


2017-06-13 01:47  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

APDM-5066 TVアニメ「To Heart」Access/SPY(2回目の紹介・大幅加筆) [CD紹介]

2560149

2560150


今から20年前、1997年5月23日にLeafビジュアルノベルシリーズの第3弾の「To Heart」が発売されました。TwitterではTo Heart20周年として盛り上がっています。


かくいう私もリアルタイムから少し遅れはしたものの、家族が寝静まった夜にこのゲームをしこしこプレイし、そのためにPCのメモリーも16MB→48MBに増設しました。

メイドロボのマルチが工場に戻るシーンでは思わずウルッときてしまったのを覚えています。


…とまぁ個人的な話はさておき、To Heartはエロゲとしては爆発的なヒットとなり、その後エロシーンをカットしたものが1999年にPSに移植され、同年にテレビアニメも独立UHF系列で放送されました(当時はMXはアニメに力を入れておらず未放送。関東ではテレビ埼玉や千葉テレビ、テレビ神奈川で放送。テレビ神奈川が当時最もアニメを放送していたと言われています)。


今回紹介するのは、そのエンディング主題歌となった楽曲です。

OPのFeeling Heart/中司雅美(KIDA-5502.1999/04/02発売)はPS版でも使用されていますが、こちらはテレビアニメ版でのみ、そして、CS(キッズステーション、AT-X)と新潟放送で放送されていたものではYell/川澄綾子という楽曲が起用されていました。


当初はYellが使われる予定だったものの、スポンサーであったバンダイの意向により、グループ内のレコード会社(バンダイミュージックエンタテインメント(旧・アポロン(アポロン音楽産業))の所属していたSPYのこの曲に差し替えられたと言われています。ただ地上波において新潟放送でのみ差し替えが行われなかったのは、このゲームのヒロインである、神岸あかりを演じる川澄綾子さんの祖母の出身地が新潟であり、故郷に錦を飾る意味合いの計らいだったとも。

新潟だけ放送が遅くてCS版のものを買っていたというわけでもないようです。


そのバンダイミュージックエンタテインメントも翌年(2000年)に会社を精算し、その時のスタッフとエアーズのスタッフがランティスを立ち上げ、2006年にバンダイビジュアルの完全子会社となり、バンダイが音楽事業に再参入することになるのは面白いものです。


APDM-5066 1999年5月21日発売

1.Access(エンディングテーマ)
作詞:KAZUYO、作曲:長部正和、編曲:HIRO

2.Dreams Come True
作詞:KAZUYO、作曲、編曲:HIRO

3.Access(オリジナルカラオケ)

4.Dreams Come True(オリジナル・カラオケ)



Access/SPY(YouTubeより)


Yell/川澄綾子(YouTubeより)


2017-05-24 00:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

SRDL-3905 TOKIO/LOVE YOU ONLY [CD紹介]

もう1週間くらい前になりますが、とあるツイートがバズりました。


https://twitter.com/rodimus_2000/status/861941852143886336


このツイートをきっかけに、ツヨシしっかりしなさいのアニメのツイートが続々つぶやかれ、Togetterにもまとめられ( https://togetter.com/li/1109093 )ました。


ツイ主は「ツヨシしっかりしなさいのアニメを見たのは集団ヒステリーだったのかも」とネタにしていましたが、90年に放送されたちびまる子ちゃん(初代)の後番組として、1992/10/4~1994/12/25の日曜日18:00から放送され、1993年の冬には映画化もされていました。この後再びちびまる子ちゃんになり現在も続いているのは御存知の通り。

ちびまる子ちゃんが2年間放送しなかった事情が何だったのか。ネタ切れだったのか視聴率がイマイチだったのかわかりませんが、そんなちびまる子ちゃん空白期間に放送され、取り立てて目立つこともなく再びバトンを渡したのがツヨシしっかりしなさいでした。正直言うと私も見てた記憶がほとんどないのです…。

ドタバタファミリーのアニメという意味ではちびまる子ちゃんと大差ないのですが、記憶に残るようなアニメでもなかったということなのかもしれません。


主題歌は、2代目EDだった結婚しようね/Wink(ポリスター)以外はソニーミュージックのタイアップソングで、代表的な曲としては、初代OPだった「おなら~おなら~おなら~さようなら~」っていう歌詞でおなじみの、さよなら文明/爆風スランプがあります。そして今回紹介するのはこの曲ではなく、3代目OPだった楽曲です。

歌っているのは、今や農業の傍ら珍しいサメを捕獲したり、舟屋を作ったり水路を作っている、もはやアイドルなのか土建屋なのかわからなくなってるTOKIOです。

そしてこれがデビュー曲で、かつ代表曲とも言える曲です。これまでのジャニーズ系の歌手らしからぬ本格的なバンド編成で、デビュー当初はこれ以外にも「飛べイサミ」やOVA「YAMATO2520」「キテレツ大百科」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主題歌と、アニメタイアップの楽曲もよく歌っていました。


SRDL-3905.jpg

SRDL-3905裏.jpg

みんな若い!特にリーダー!


SRDL-3905

1994/09/21発売

1.LOVE YOU ONLY

作詞:工藤哲夫、作曲:都志見 隆、編曲:西脇辰弥


2.時代(TOKIO)をよろしく!

作詞:城島茂&山田ひろし、作曲・編曲:西脇辰弥


3.LOVE YOU ONLY(オリジナル・カラオケ)


2017-05-18 00:22  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

KIDA-2 キャッ党忍伝てやんでえ おっとどっこい日本晴れ/谷沢伶奈 [CD紹介]

 

KIDA-2.jpgKIDA-2裏.jpg

2月22日といえばり「ネコの日」ですが、実は「忍者の日」でもあります。(社)伊賀上野観光協会と甲賀市観光協会が、忍者の活性化と発展を目的に制定したそうで、やはりニンニンニンということでこの日になったとのこと。にんにん。

さてさて、そんなネコと忍者の要素を併せ持ったアニメ、1990年にテレビ東京系で放送されていた「キャッ党忍伝てやんでえ」です。読み方は「きゃっとにんでんてやんでえ」で「きゃっとう」ではないことに注意。

エドロポリスを舞台に、猫型アニマロイドと言われる猫型ロボットである秘密忍者隊ニャンキーが、エドロポリスを乗っ取ろうとす勢力から守るというのおおよそのストーリーの流れ。タツノコプロのアニメのタイムボカンシリーズのような展開でした。

https://www.youtube.com/watch?v=9vTtsLfyCkc
(Samurai Pizza Cats (1990) キャッ党忍伝てやんでえ OP)

Samurai Pizza Catsは欧米で放送されたときのタイトルで、ピザキャッツは秘密忍者隊ニャンキーが仮の姿で働いているお店の名前です。

1990年3月5日発売

1.おっとどっこい日本晴れ(オープニングテーマ)(作詞:真名杏樹、作曲:池毅、編曲:山川恵津子)

2.To be Yourself(エンディングテーマ)(作詞:真名杏樹、作曲:池毅、編曲:山川恵津子)

余談になりますが、このアニメでは登場人物のプルルン(赤い忍者の子・CV折笠愛)と町人のおミツ(CV水谷優子)が作中でMIPPLE(ミップル)というアイドルユニットを結成して、劇中で曲が流れたり、サントラ等にも何曲か収録されております。なかなか入手が難しいものになりますが、キャラソン文化は今に始まったものでもないんです。


2017-02-22 23:57  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

8cmCD発掘してきました [購入記録]

久しぶりのブログ記事更新です。

一度途切れるとブランクが空いてしまうのはよくないですね。

今回は今日買ってきたCD写真のアップという記事です。最近は8cmCDを扱ってる店も本当に減ってきていますが、まだ定期的に入荷があるところもあり、今日はそんな店の一つに行ってきました。

その店には2~3ヶ月ぶりくらいに来ましたが、前回なかったCDも結構ありジャケットの状態も良好で、手持ちのものの置き換えも兼ねて購入。

 IMG_-vwmocr.jpg

・大運動会おまけCDシングル(IPC-001)(何かの特典CDのようですが詳細は不明。1996年のクレジットなのでアニメではなさそう)
・Resolution/Romantic Mode(機動新世紀ガンダムXOP KIDA-140)
・WHITE REFLECTION/TWO-MIX(OVA新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツOP KIDS-320)
・GOOD VIVRATION/Cyber Nation Network(マスターモスキートン'99OP CODC-1433)
・虹/L'Arc~en~Ciel(映画るろうに剣心 維新志士への鎮魂曲テーマソング KSD2-1159)
・瞳 Fall in Love(渋谷でチュッOP VIDL-30159)
・告白/金月真美(ときめきメモリアルトゥルーエンド曲 KIDA-7607)
・Shake it/奥井雅美(OVAそれゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコOP KIDあ-126)
・悠久幻想曲キャラクターシリーズVol.9/マリア・ショート(丹下桜)(悠久幻想曲キャラソン PCDB-00017)

アルバムで購入したのは2枚
・ナチュール/笠原弘子(1993/07/10発売)
・My Best Friends/國府田マリ子(1998/02/25発売)

 悠久幻想曲のキャラソンは、10年以上前にヤフオクで丹下桜のCDをまとめて出品して手放してしまい、それ以来買い戻せなかったので久しぶりの再会となりました。悠久幻想曲好きだったんだよね。


2017-01-05 00:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

PODX-1006 「恋」みたいな感じ/羽丘芽美(桜井智) [CD紹介]

声優の櫻井智さんが芸能活動を引退。

http://qqc74qed.wixsite.com/sakuraitomo/single-post/2016/09/01/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86

そんなニュースから9月がはじまりました。それを発表した彼女のブログによると、最近は自分の思うように声が出せなくなり、それに耐えられなくなり引退を決意したそうです。正直非常に残念なところではありますが、自分の生業に見切りをつけるという重大な決断はそうそう簡単にできることではありません。相当思い悩んだ末の結論であったと思います。
ともあれ、本当にお疲れさまでした。

櫻井智さんは1987年に、アイドルグループ「レモンエンジェル」としてデビューし、同タイトルのアニメにも声優と出演し芸能活動をはじめました。
当時は私がまだ幼稚園児だったので、その頃の事は存じ上げませんが、私がアニメや声優好きとなった90年代中盤~後半には、るろ剣の巻町操役や、マクロス7のミレーヌ・ジーナス役などで声や名前を聞いていました。でも個人的には怪盗セイント・テールの羽丘芽美役が櫻井智さんの代表作かなと思います。

怪盗セイント・テールに変身した時の小悪魔的な奔放さでアスカJrら刑事を振り回し、財宝をスマートに盗んでいく姿は本当に可愛らしく、そして早くアスカJr共々正体を明かされてしまえとも思いながら見ていました。

オープニングテーマは松田聖子が担当していたりと、音楽面でも中々力の入っていた作品だったような気はしますが、キャラクターソングも何枚か出ており、今回はその中で彼女のキャラソンを紹介したいと思います。

ショウワノートのCMソングとしても起用されていた曲らしいですが、ワクワク新学期シリーズで使われていたのでしょうか?ネットで探してもCM動画が見つからなかった…。

img038.jpg img039.jpg

1.「恋」みたいな感じ
作詞:及川眠子、作・編曲:坂本洋

2.明日になれば
作詞:及川眠子、作・編曲:坂本洋

3.「恋」みたいな感じ(オリジナルカラオケ)

4.明日になれば(オリジナルカラオケ)

PODX-1006 1995/12/10発売


2016-09-03 16:00  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

スタチャ8cmCDフルコンプ目指して [購入記録]

今日(18日)は阿佐ヶ谷アニメストリートで開催されていた、90年代アニソン、アニラジ、V系ソングの合同DJイベントに行ってきました。

私はアニラジ(時々アニソン(のところで入り浸って懐かしさにかまけていましたが、歌には当時に引き戻す力があるものだと改めて思ったところ。雑音に耐えながらラジオを聞いていた夜、リスナーとしてパーソナリティの言葉に共感したり、ランキング番組で推し曲が1位になった時に喜びがフラッシュバックしてきました。それをDJがまとめ上げて他の観客と共有していく空間は本当に居心地がいいものです。

さて、その阿佐ヶ谷に行く前に中野ブロードウェイに行き、8cmCDを何枚か買ってきました。

IMG_8230.JPG

 今更ながら、スタチャの8cmCD(KIDA-1~210)をコンプリートするという計画を立てておりまして、まだ残りが89枚。
で、今日見つけた未所持のCDはこの7枚。

KIDA-22 Keep Your Pure Love/清水咲斗子
(OVA「天空戦記シュラト・創生への暗闘」主題歌 1991/07/21発売)

KIDA-43 と・き・め・きSTEP/安藤新菜
(ラジオ「熱血電波倶楽部 流星機ガクセイバー」 夏の美成堂キャンペーンソング 1992/07/04発売)

KIDA-64 夜空の星が見ている/林原めぐみ・水谷優子・玉川紗己子・折笠愛
(OVA「流星機ガクセイバー」ED 1993/06/23発売)

KIDA-94 宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ elles cinq Ⅰ/國府田マリ子
(OVA「宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ」キャラソン 1995/01/21発売)

KIDA-95 宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ elles cinq Ⅱ/本多知恵子
(OVA「宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ」キャラソン 1995/01/21発売)

KIDA-97 宇宙の騎士テッカマンブレード elles cinq Ⅳ/林原めぐみ
(OVA「宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ」キャラソン 1995/01/21発売)

KIDA-102 BLUE SEED 妖精より愛をこめて ACT.2/三石琴乃
(「BLUE SEED」キャラソン 1995/04/29発売)

KIDA-141 LIGHTNING HEART/横山智佐
((OVA「銀河お嬢様伝説ユナー深闇のフェアリィ-」主題歌 1996/11/21発売)

残り82枚。まだまだ先は長いけど売ってるところはどんどん少なくなっているというジレンマ…。


2016-07-19 01:08  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

BVDR-5002 Timing/BLACK BISCUITS [CD紹介]

 001.jpg美女と野獣 001.jpg

7月からReLIFEというアニメが始まりました。このアニメは、ウェブコミックのcomicoで連載されていたコミック作品が原作で、大学院を卒業し就職したものの、わずか3ヶ月で退社。
それ以来ニート生活を続けている主人公の海崎新太(27才)が、とある薬を飲み見た目を若返らせた上で一年間高校生活をするという社会復帰プログラムの一環に巻き込まれるという学園?ドラマです。
そのアニメのエンディングテーマは、「主人公が高校生の時に聞いていた、自作のMDの中に入っている曲」というコンセプトで、2000年前後に一世を風靡した楽曲が一話ごとに異なるものが使われており、今回紹介するCDも第3話のエンディングテーマとして起用されています。

そして、このアニメのエンディングテーマを収録したコンピレーションアルバム「MD2000」も9月21日に発売されることが決まっており、収録曲が、

1. イ―ジュ-★ライダー (奥田民生)

2. HOT LIMIT (T.M.Revolution)

3. タイミング~Timing~ (ブラック・ビスケッツ)

4. HONEY (L'Arc~en~Ciel)

5. これが私の生きる道 (PUFFY)

6. Sunny Day Sunday (センチメンタル・バス)

7. サウダージ (ポルノグラフィティ)

8. 雪の華 (中島美嘉)

9. There will be love there -愛のある場所- (the brilliant green)

10. 明日への扉 (I WiSH)

11. PIECES OF A DREAM (CHEMISTRY)

12. 夏祭り (Whiteberry) 

と、完全にアラサー世代直撃な選曲となっております。私も完全に打ちのめされましたw

MD2000 ~ReLIFE Ending Songs~ http://www.aniplexplus.com/itemNgEaPGra 

MDは90年代前半に登場していたものの本格的に普及しだしたのは90年代後半で、CDの録音(マイMDの作成)やラジオの録音などに活躍していました。ほどなくしてiPodをはじめとするmp3プレイヤーが登場し、パソコンで手軽に楽曲を放り込めたり、容量アップが加速度的に進み収録できる曲数も増加し、あっという間にMDは置き換えられてしまい、今ではプレイヤーやディスクを探すことすら困難になってしまうほどに衰退してしまいました。でもあの頃MDは当時の高校生のマストアイテムとして存在していたのはたしかに間違いなくて、アルバムのコンセプトやタイトルはそこらへんをうまく押さえているなと思うところです。

BVDR-5002 1998/4/22発売

1.Timing
作詞;森浩美&ブラックビスケッツ、作曲;中西圭三&小西貴雄、編曲:小西貴雄
2.Timing(オリジナルカラオケ)

ウッチャンナンチャンのウリナリの企画ユニットとして誕生したブラックビスケッツ。ビビアン・スーはもう日本で活動することはないのかなぁ…


2016-07-05 23:43  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Rest in Peace… [独り言]

和田光司さん、おつかれさまでした。今はゆっくりとおやすみください。落ち着いたら、ゴキゲンな蝶になってきらめく風に乗りながら、この世を見守っていてください。

NEDA-10001.jpgNEDA-10001裏.jpg

Butter-Fly(デビュー曲)

NEDA-10001 1999/04/23発売
1.Butter-Fly(デジモンアドベンチャーOP)
作詞・作曲:千綿偉功 編曲:渡部チェル

2.Seven(デジモンアドベンチャー挿入歌)
作詞・作曲:小山晃平 編曲渡部チェル

3.Butter-Fly(オリジナルカラオケ
4.Seven(オリジナルカラオケ)

NEDA-10021.jpgNEDA-10021裏.jpg

ターケット~赤い衝撃~
NEDA-10021 2000/04/26発売
1.ターゲット~赤い衝撃~(デジモンアドベンチャー02OP)
作詞:松木悠 作曲・編曲:太田美知彦

2.僕は僕だって(デジモンアドベンチャー02挿入歌)
作詞:松木悠 作曲:千綿偉功 編曲:渡部チェル

3.ターゲット~赤い衝撃~(オリジナルカラオケ)
4.僕は僕だって(オリジナルカラオケ)

NEDA-10027 - コピー.jpg

The Biggest Dreamer
NEDA-10027 2001/04/25発売
1.The Biggest Dreamer(デジモンテイマーズOP)
作詞:山田ひろし 作曲・編曲:太田美知彦

2.風(デジモンテイマーズ挿入歌)
作詞:和田光司 作曲:大久保薫 編曲:渡部チェル

3.The Biggest Dreamer(オリジナルカラオケ)
4.風(オリジナルカラオケ)

他にも数多のデジモンソングを歌ってきました。素敵な音楽をありがとうございました。


2016-04-08 23:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニソンアカデミーランキング部1994年発表(1位~12位)

先週は20位から13位までの発表だったアニソンアカデミーのアニソンランキング部1994年。

今週は後編で12位から1位まで発表されました。

KIDA-89.jpgKIDA-89裏.jpg

1位:CARNIVAL・BABEL~カルナバル・バベル~/TAKADA BAND
BLUE SEED」OP)

VIDL-10491.jpgVIDL-10491裏.jpg
2位:HEART TO HEART/彩子
(勇者警察ジェイデッカーOP)

WPD6-9019.jpgWPD6-9019裏.jpg
3位:Wind Climbing~風にあそばれて~/奥井亜紀
(魔法陣グルグルED)

PODH-1230.jpgPODH-1230裏.jpg
4位:ゆずれない願い/田村直美
(魔法騎士レイアースOP)

PODH-1231裏.jpgPODH-1231.jpg
5位:明日への勇気/吉成圭子
(魔法騎士レイアースED)

CODC-395.jpgCODC-395裏.jpg
6位:タキシード・ミラージュ/三石琴乃・富沢美智恵・久川綾・篠原恵美・深見梨加
(美少女戦士セーラームーンS-ED)

VIDL-10474.jpgVIDL-10474裏.jpg
7位:君色思い/SMAP
(赤ずきんチャチャOP)

VIDL-174.jpgVIDL-174裏.jpg

8位:Good by Tears/高橋由美子
(覇王大系リューナイトOP)


銀河戦国群雄伝ライ



 

 

 

 


9位:雷伝説/谷本紀彦(銀河戦国群雄伝ライOP)


PCDA-00652.jpgPCDA-00652裏.jpg
10位:冒険者たち/THE ALFEE
モンタナ・ジョーンズOP)

VIDL-10559.jpgVIDL-10559裏.jpg
11位:My Friends/ミレーヌジーナス
(マクロス7ED)

APDM-5010.jpgAPDM-5010裏.jpg
12位:MOMENT/國府田マリ子
(ママレードボーイIN)

という結果となりました。マクロス7、赤ずきんチャチャ、魔法陣グルグル、魔法騎士レイアース、ママレードボーイといった強豪を抑え、BLUE SEEDのオープニングテーマが1994年の1位に選ばれました。
ラジオではこの曲が1位!?という反応でしたが、ここらへんはテレ東が映るところと映らないところでの反応の差のような気がします。ランクインした曲の放送局を見ると、
1位:テレ東
2位:テレ朝
3位:テレ朝
4位:日テレ
5位:日テレ
6位:テレ朝
7位:テレ東
8位:テレ東
9位:テレ東
10位:テレ東
11位:TBS
12位:テレ朝
13位:フジテレビ
14位:テレ朝
15位:テレ朝
16位:TBS
17位:テレ東
18位:テレ東
19位:TBS
20位:OVA
となっています。上位はテレ朝や日テレで夜7時台に放送されていたアニメが中心で、全国ネット局の数も多く見ている人もテレ東とは桁違いに多く、リクエストもその分だけ集中したものと思われます。この中から1位が出てくるのが自然な成り行きでしょうがここはアニアカ、リスナーの思惑すらずらしてくる一筋縄のいかなさがありました。
BLUE SEEDは土曜日の朝7時の放送、しかもテレ東という、決して視聴者数としては多いわけではなく、ここらへんの楽曲はあまりラジオでもかかることのないこともあり、知らない人はとことん知らない、いわば埋もれた楽曲という状態になっていたものと思われます。加えて中間集計でも一度も顔を出していなかったということもあり、それだけにこの曲が1位になるという事にリスナーがざわついたのかもしれません。決して出来レースにならない、ガチンコのランキングってことなのでしょう。

次回のランキング部のテーマは12年前の2004年。魔法少女リリカルなのはが始まった年だそうで。


2016-03-27 00:52  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る